地方公務員災害補償基金 大阪府支部

医療関係者の方へ

よくある質問

Q1公務災害(通勤災害)で負傷した地方公務員の方が治療のために来院されました。手続きを教えてください。

【指定医療機関の場合(「指定医療機関」については下記※1参照)】

 被災職員が医療機関の窓口で診療診断書」「療養の給付請求書」及び「療養費請求書」を提出しますので、療養費請求書の裏面に診療費請求明細を記入するか、または、印刷された診療報酬明細書を添付し、大阪府医師会保険医療課(※2)まで提出願います。

その後、大阪府医師会で内容を審査したうえで、基金大阪府支部に回付されます。

⇒ 記載例はこちら

なお、診療費は、被災職員の公務災害(通勤災害)の認定請求に基づいて、認定が行われた後に、順次お支払いすることになります。

【指定医療機関以外の場合】

調剤薬局、歯科医院、整骨院、府域外の医療機関又は大阪府医師会に加入されていない医療機関

 

 被災職員が医療機関等の窓口で「療養補償請求書(様式第6号)」を提出しますので、表面に、被災職員に「請求日」、「住所・氏名」、「診療費等の委任先」ほか必要事項を記入・押印してもらってください。請求書は、月ごとに必要となります。(注)被災職員の押印箇所は2か所あります。

また、医療機関等において、「支払請求欄」等を記入・押印いただき、裏面に診療費請求明細を記入いただくか、印刷された診療報酬明細書を出力し、これに添付してください。

そのうえで、直接、基金支部に送付願います。

⇒ 記載例はこちら

なお、診療費等は、被災職員の公務災害(通勤災害)の認定請求に基づいて、認定が行われた後に、順次お支払いすることになります。

 

※1 「指定医療機関」とは

地方公務員災害補償基金大阪府支部と大阪府医師会が協定を結んでおり、大阪府医師会会員が開設管理する医療機関は、すべて当支部の指定医療機関となっています。当支部管轄の地方公務員が公務災害(通勤災害)にあった場合、この協定に基づいて「療養の給付」(現物給付)が行われることになっています。

 

 

※2 指定医療機関の療養費請求書の送付先

  〒543-0001 天王寺区上本町2丁目1-22

  大阪府医師会保険医療課 あて

 

Q2院外処方された薬剤を提供しました。請求方法を教えてください。

被災職員が調剤薬局の窓口で「療養補償請求書(様式第6号)」を提出しますので、表面に被災職員に「請求日」、「住所・氏名」、「診療費等の委任先」ほか必要事項を記入・押印してもらってください。(注)被災職員の押印箇所は2か所あります。

また、調剤薬局において、「支払請求欄」等を記入・押印いただき、裏面に調剤費請求明細を記入いただくか、印刷された調剤費報酬明細書を出力し、処方箋の写しを添付して、直接、基金支部に送付願います。

⇒ 記載例はこちら

なお、診療費等は、被災職員の公務災害(通勤災害)の認定請求に基づいて、認定が行われた後に、順次お支払いすることになります。

Q3被災職員が療養を受けましたが、必要な書類を持ってきてくれません。どうすればよいですか。

被災職員が通院を継続していましたら、ご面倒ですが、再度必要書類を提出するよう促してください。

もし、今は通院していない、あるいは督促しても持ってきてくれない場合は、基金大阪府支部に連絡してください。基金大阪府支部から勤務先を通じて、書類を提出するように指示いたします。問い合わせの際は、被災職員の所属、氏名、生年月日、災害発生日をお伝えください。

Q4被災職員が療養を受けましたが、公務災害・通勤災害の認定を受けるまで診療費の請求は待っておかなければなりませんか。

被災職員が受診時に公務災害(通勤災害)の手続きをする旨をお伝えしているのであれば、上記QAのとおり、基金大阪府支部に対して療養費を請求してください。その際、認定番号は空欄のままで結構です。なお、診療費のお支払は、認定後順次進めていきますので、ご理解ください。

Q5療養費請求書(又は療養補償請求書)を基金支部に提出しましたが、支払がありません。どのようになっているのでしょうか。

診療費は、被災職員の公務災害(通勤災害)の認定請求に基づいて、認定が行われた後に、順次、診療費をお支払することになります。

医療機関等が請求書を提出したにもかかわらず、長期にわたって支払がない場合は、基金が公務災害(通勤災害)認定請求書を受理していないか、認定審査に時間がかかっている可能性があります。原因を調査しますので、基金大阪府支部までお問い合わせください。(問い合わせの際は、被災職員の所属、氏名、生年月日、災害発生日をお伝えください。)

Q6地方公務員の方が、公務災害(通勤災害)の治療のために来院されましたが、基金府支部か市支部かどちらの管轄の職員なのかわかりません。

原則として、大阪市役所の職員は「大阪市支部」、堺市役所の職員は「堺市支部」、大阪市役所・堺市役所以外の職員(大阪府職員、大阪市・堺市以外の市町村職員)は「大阪府支部」が管轄ですが、特に問い合わせが多い職種と管轄を以下の表にまとめました。参考にしてください。

 

分 類

職 種

所 属

管 轄

学校関係

教職員(教師・講師・事務職員など)

 

大阪府内(大阪市・堺市除く)市町村立小・中学校

大阪府立支援学校

大阪府立高校

大阪府内(大阪市・堺市除く)市町村立幼稚園

大阪府支部

大阪(堺)市立小・中学校

大阪(堺)市立高校

大阪(堺)市立幼稚園

大阪市又は堺市支部

堺市立支援学校

堺市支部

調理員・校務員

大阪府内(大阪市・堺市除く)市町村立小・中学校

大阪府支部

大阪(堺)市立小・中学校

大阪市又は堺市支部

その他

消防・救急隊員

大阪府内(大阪市・堺市除く)市町村・事務組合

大阪府支部

大阪(堺)市消防局

大阪市又は堺市支部

清掃職員

大阪府内(大阪市・堺市除く)市町村・事務組合

大阪府支部

大阪(堺)市環境局

大阪市又は堺市支部

交通・地下鉄職員

大阪市交通局

大阪市支部

※注 大阪市立学校の事務職員については、職種によって異なる場合もありますので、不明な場合は、大阪市教育委員会教職員給与・厚生担当課までお問い合わせください。

Q7診断書(文書料)の請求方法について教えてください。

療養費請求書(指定医療機関以外の場合は、療養補償請求書)に診断書料を記載して請求してください。金額は指定医療機関の場合は、協定に基づき1通4000円となっています。

  ただし、診断書を基金大阪府支部から医療機関にお支払いできるのは、

 

*  公務災害(通勤災害)の認定請求に添付するための診断書1通 ⇒ ○

*  休業その他服務上必要なため発行した診断書 ⇒ × 

この場合は、直接、被災職員にご請求ください。

 なお、傷病名や受傷部位が異なる診断がなされ、別途診断書が必要になったような場合(ただし、認定請求書に添付するためのものに限ります。)は、2通目であってもお支払できる場合があります。

Q8被災職員が当初健康保険(共済組合員証)を用いて受診しましたが、後日、公務災害(通勤災害)として認定されたとおっしゃってきました。どのように対応すればよいですか。

医療機関においては、つぎのいずれかの方法で手続きをしていただくことになります。

 

① 本人が自己負担分(3割)を基金支部に請求する方法

医療機関は、本人が受診した診療報酬明細の証明を行っていただきます。なお、共済組合が医療機関にお支払いした7割分については、共済組合と基金支部との間で精算しますので、医療機関の側からの改めての手続きは不要です。

② 医療機関が全額を公務災害として請求し直す方法

医療機関が受け取られた7割分は共済組合へ、また、3割分は本人にそれぞれ返還いただき、全額(10割)を基金大阪府支部に請求いただきます。

Q9公務災害(通勤災害)として認定を受けた職員の方が、自己負担分を基金に請求をするために、医療機関の証明がほしいといってきました。どのようにすればいいですか。

本人が窓口で負担した自己負担分を基金大阪府支部に請求するためには、領収書と医療機関による診療内容の証明が必要になります。

  医療機関におかれましては、療養補償請求書(様式第6号)裏面の診療費請求明細欄を記入いただくか、印刷された診療報酬明細書を出力し、添付してください。併せて療養補償請求書の裏面下部に医療機関の証明をお願いいたします。

  なお、証明のための費用が発生した場合は、職員がいったん負担したうえで、職員が基金に対して直接請求します。

Q10国家公務員の災害補償や非常勤の地方公務員の災害補償について手続きを知りたいのですが、どのようにすればいいですか。

地方公務員の公務災害補償は、各地方公共団体に代わり、地方公務員災害補償基金が実施していますが、国家公務員の場合は、各府省、独立行政法人等ごとに行われることとなっています。手続きについても、被災した国家公務員が所属する府省等の公務災害担当部局にまでお問い合わせください。

  また、地方公務員の非常勤職員については、地方公共団体ごとに補償が実施される場合と労災保険の対象となる場合があります。手続きについては、被災した職員の所属する人事担当部局までお問い合わせください。

Q11医療機関の振込口座情報が変更になりました。どのようにすればいいですか。

医療機関名称と新旧の口座情報がわかるように基金大阪府支部あてFAXでお送りください。

なお、例えば、○月請求分以降といった指定がある場合は、その旨、注記してください。

ページトップへ