地方公務員災害補償基金 大阪府支部

地方公務員災害補償制度について

地方公務員災害補償制度とは、公務遂行又は通勤に伴って生じた地方公務員の災害に対して補償を行う制度で、地方公務員災害補償法(地公災法)を根拠としています。
これらの災害補償制度の対象となる「災害」は、身体的損害(負傷、疾病、障がい又は死亡)に限られており、物的損害や精神的損害(慰謝料)は補償の対象になりません。
また、ここでいう補償には、損失を補填するための「補償」に加えて、被災した職員の社会復帰の促進や生活の安定を図るための「福祉事業」が含まれます。
地方公務員災害補償基金は、地方公共団体の職員が公務災害又は通勤災害を受けた場合に、その災害に対する補償等を地方公共団体に代わって迅速かつ公正に行うために設立された地方共同法人であり、都道府県及び指定都市ごとに支部が設置されています。
ページトップへ